お店からのお知らせ

ホーム

文字の大きさ

メインメニュー

現在ログイン頂いておりません。 会員のお客様は、マイページよりログインしてください。

胡瓜畑 | 農家紹介

瓜(うり)畑 2017.6.22 更新!自社農園 2017.6.22 更新!

 

胡瓜畑

 ≪2017年6月≫

 
契約農家の堀江さんの「胡瓜畑」へ行ってきました!夫婦で収穫されてました♪


うり同様、きゅうりも今から収穫ピークとなります!


 
良い胡瓜がたくさん収穫されてました!

こちらも「あさかぜ」という品種です!通常食べている胡瓜より色は薄く(黄緑色)大きいです。


胡瓜は風に弱く、強い風が吹くと上の写真のように傷んでしまいます。

このような胡瓜は奈良漬には使っていません。

台風が来ないことを祈るばかりです。

 

 





≪2012年6月末≫

契約農家の岡本さんの胡瓜畑に行ってきました。
瓜同様胡瓜も塩漬作業もピークです。

≪2011年6月≫



6月8日、まだ収穫には1週間以上かかる状態でしたが、小さい胡瓜が出ていました。

農薬を使用しない堀江さんの胡瓜の葉は凄くとげが多いです!
農薬を使わないので虫が多くなります。
すると胡瓜は棘(とげ)を増やして自ら守ろうとするそうです。


家庭菜園の為の方法も聞いてきました!
外虫が発生した場合は、牛乳を霧吹きすると良いそうです♪

≪2009年6月≫

堀江さんの胡瓜畑

 
堀江さんには当社の胡瓜の20%以上をお願いしています。

瓜と同様胡瓜も6月中ごろから収穫時期になります。

 
堀江さんです。胡瓜がたくさん出来ていました。


収穫された茄子が美味しそうに並んでいました。
当社の奈良漬の茄子は「丸茄子」を使用しております。

≪2008年6月≫


徳島県にある「島田さん」の胡瓜畑です。
この胡瓜に囲まれた通路が何本もあります。


こちが胡瓜の花です。 


6月から収穫が始まります。
朝と夕方の2回収穫をします。 


島田さんです。
収穫〜塩漬まで3名で行っておられます。
 


「あさかぜ」と言う品種です。
味も形も非常に良いです。 


瓜と同様、収穫してすぐ塩水に1日漬けます。 


その後、数ヶ月〜1年間塩漬にして
地下2mのタンクに漬け込みます。 


 

1年中同じ味・品質でお客様のもとへ提供させていただくために多量の塩で塩漬しています。塩漬の塩度は20%を超えますが、何ヶ月もかけて粕に何度も漬けかえ塩度は4%前後になっていきます。

深みのある味と香り、歯ざわりの品物を作るこの製法は完全に手作りで行っています。

2008年6月

 

     

店舗案内

買える!
食べられるお店

奈良漬を使った商品テレビで
放送されました!
雑誌で
紹介されました!
農家紹介